アイスクリームの発祥の地はどこだと思いますか?

アイスクリームは洋菓子の一種であり、最初に作られたのはヨーロッパであると思っている人が

多いと思いますが、発祥の地は中国です。五世紀の中国では、樟脳(クスノキから採れる精油成分)で

香りをづけした米と牛乳で作った氷菓子が、皇帝のための特別なデザートでした。冬には、何千個もの

氷の塊を宮廷の地下室に貯蔵していたそうです。また、中国には白菜のクリーム煮など古くから

牛乳を使った料理があります。だから、中国では昔から牛乳は珍しくないものであったと推測できます。

牛乳の氷菓子は一般にも普及していき、マルコ・ポーロが北京を訪れた頃には、街角で売られていました。

1295年、彼がイタリアにその製造法を持ち帰ったのが、ヨーロッパでのアイスクリームの始まりである。それ以前の

ヨーロッパでは、貴族の間で果物と砂糖を凍らせたシャーベットのようなものが食べられていました。

しかし、牛乳を使ったものはなかった。この記事タイトルのように自分の食べるお菓子や料理の発祥の地が、

自分の思い込んでいる国でない物は多く存在していると思います。銀座 全身脱毛